戦う君よ、世界を愛せるか。

飲めないのに酔っぱらっているDDがこちら

そこに立っていたのは紛れもなく、〜関ジャニ∞【テレビ朝日 ドリームフェスティバル2015】レポ感想〜

 

 
テレビ朝日主催のドリームフェスティバル2015に参加してきた。
 
前の仕事を辞めて以来、公私共に音楽フェスはご無沙汰で、気持ち的にも身体的にも最後まで着いて行けるか不安だったが、全くの杞憂だった。
 
 
キュウソネコカミは目当てで行ったことはないものの、インディーズ時代に対バンでよく見かけては面白い人達だなぁと思っていたし、凜として時雨はフェスでは優先して出演ブースに行くくらい好きだったし、aikoちゃんと椎名林檎さんは何枚かCDを持っているだけで、オーディエンスとしては初めて参加するジャンルにわくわくだし、X JAPANに至っては、まさかこの目で耳で、直接触れることが出来るなんて思ってもいなかった。
 
 
 
そんな余すことなく楽しみな面々の中、私の一番のお目当ては勿論、我が担当G、関ジャニ∞だ。
 
 
会場に入りステージの上を確認すると、見慣れた機材が既にセットされており、まさかのトップバッターに、始まる前から動揺してしまった。
しかし心配していた「キュウソの後」ではないことに、少なからず安堵もした。(良くも悪くも彼らの対バンにおけるインパクトは絶大なので)
 
 
テレ朝アナウンサーのナビゲーションが終わり、いざ客電が落ち、一番手のアーティスト「関ジャニ∞」が紹介されると、黄色い歓声があがる。
点灯された関ジャニ∞のものと思われるペンライトとその歓声の数に、思ったよりもファンが入っていないことに驚いた。実際、私が入ったのはアリーナだったのだが、見渡せる範囲の前後左右で関ジャニ∞のファンと思われる人たちは3、4組だけだった。いや、あんなギリギリに発表された狭き門だと考えれば十分凄いのだろうが、もっとほぼジャニヲタで埋め尽くされると思っていたので意外だった。
 
 
 
では、ここからはドリフェス関ジャニ∞のレポと感想を、ごちゃ混ぜにしながら書いていきたいと思う。
例によって言葉はニュアンス、主観はゴリゴリなので、ご容赦いただきたい。
 

セットリスト

1.ズッコケ男道
2.キング オブ 男!
3.宇宙に行ったライオン
4.LIFE~目の前の向こうへ~
5.侍唄
6.High Spirits 
7.勝手に仕上がれ
8.オモイダマ

 
 
 
1.ズッコケ男道
 
歓声の中、オリジナルSEもなく登場し、一度軽くジャーンとやった後、そのまますばるくんの歌い出しを合図に一斉に音が放たれる。
関ジャニ∞を知らない人も大勢いる中、彼らの楽曲でも一二を争う知名度の曲をオープニングに持ってきたのは、セオリー通りといったところか。全楽曲を通して振り返ってみても、この曲が一番、他アーティストファンの反応が良かった。
そして、既に知られている曲を敢えてバンド形式で演奏することによって、関ジャニ∞をぼんやりとしか知らない人に「関ジャニ∞ってこんなにバンド出来るんだ!」という、彼らが一番与えたいであろうインパクトを、最も効果的にぶつけることが出来たと思う。
ちなみに言うまでもなく、私のテンションはここだけで振り切った。
 
 
 
 
2.キング オブ 男!
 
流れ始めたイントロに、はじめはファンですら「?」状態だったが、聴きなれたギターのフレーズを安田くんが奏でた瞬間「おぉー!」という、主にファンから意外性の声が漏れていた。
ズッコケもそうだが、アイドルが歌い踊る為に作られたJPOPを自分たちで演奏するとは、いやはや本当にチャレンジ精神旺盛である。バンド用に新曲を作った方が何倍も楽なのに。
ドリフェスの為だけに練習したとは思えないので、次のツアーで披露する予定なのだろうか?あの少しダサい振り付けが好きな身としては、若干寂しい気もするが、ティンパニを一生懸命叩く横山さんは是非とも多くのファンの目に触れるべきなので、楽しみにしておく。
 
 
 
 
 
3.宇宙に行ったライオン
 
恐らく大多数の人が予想していたであろう曲。シングルでも有名でもないので楽曲そのものとしてはさて置き、錦戸さんのギター転換、大倉さんのドラム、何よりすばるくんの圧倒的ボーカルは、パフォーマンスとして十分他アーティストファンの目を引く力のある曲だ。
難易度の高い曲とはいえ、ある程度演り慣れたこの曲で、緊張の見えたメンバーも、全員エンジンがかかったようだった。
 
 
 
 
 
 
休む暇なく怒涛のように畳み掛けてくる。
関ジャニ∞バンドにおいて、否、関ジャニ∞において一つの大きなターニングポイントとなった楽曲。
初めてバンド形式でリリースしたシングルとあって、どこかファンよりも、本人達の思い入れの方が強いように感じる。その気持ちに慣れと自信が相俟って、一番伸び伸びと楽しそうに演奏していた。
リリース時以外にもちょこちょことテレビで披露してきたおかげか、周囲のノリを見るに、ズッコケの次に知名度があったようだ。個人的にはラストに持ってきてもよかったと思う。
 
 
 
 
次の演奏準備をしながらここで錦戸さんからの挨拶。
 
 
錦「代々木ー!関ジャニ∞ですー!こんばんはー!えっと、僕たち今日は一切ふざけずに、真面目に音楽やります(笑)!何卒、よろしくお願いします!じゃあ、えっと、新曲やりまーす!!」
 
 
一体何に照れたのか、慌ててアコギを手に持ち直し、侍唄のイントロを弾き始めるも、突然止まる錦戸。
 
 
錦「えっと、ごめんなさい!やり直します!(笑)」
 
 
その緊張ぶりに客席からは温かい笑いが溢れる。
 
 
渋「紹介します!錦戸亮です!関ジャニ∞ってアイドルやってます!!」
 
 
すかさず入ったすばるからのフォローに、ペコペコする錦戸と、和むメンバー。
ここで一気に、まだ固い会場の雰囲気を掴んだように思えた。
 
 
 
 
5.侍唄
 
二度目のイントロは見事成功?(まだリリース前だったから正直分からない)
ドラマは録画失敗で見てないし、未リリースだったので聴き込んでおらず、少し聴いただけのサビはイマイチパッとしないなぁと思っていたのだが、生で長く聴くと、あぁいい曲だなぁとしみじみした。好みは置いておくとして。
新曲にこんなことを言うのもなんだが、最初からガンガンに飛ばしてきた中の小休憩、といった感じだった。
 
 
 
渋「ありがとうございます、もう少しだけお付き合い下さい…もうちょっとだけ、もうちょっと(笑)」
 
 
 
各々楽器を持ち変える間、少し場を繋ぐように喋るすばるくん。
 
 
 
 
 
そんな落ち着いた場をぶっ壊すように鳴り始めるギター。ファンは待ってましたとばかりに歓声をあげる。
関ジャニ∞は、俺たちは本気で音楽をやっている」そう強く主張する、熱のこもったプレイだった。
丸山さんと横山さんのソロパートでは、特に歓声が大きかった。最近成長が目覚しい二人に、その成果をまざまざと見せつけられれば、そりゃあファンも黙っていられる訳がない。あと、その丸山さんの色気が半端じゃなかった。本当に、目を離せないくらいに魅力的だった。
 
 
 
 
7.勝手に仕上がれ
 
そしてアルバムの流れ通りにこの曲が始まる。
早く生で聴きたくて聴きたくて仕方がなかったので、序盤に振り切ったテンションがさらに突き抜けていく。
楽しみにしていた「K! A! N! J! A!  N! I! E! I! G! H! T!」や「HEY」「wow」のコールは、本当に本当に楽しかったが、もう若くない私には相当キツかった。次の日会う人に「風邪ひいた?」と訊かれるハメになるので、ツアーに参加する人はペース配分に気をつけることをオススメする。
それにしても、突然完璧な合いの手を挟み始めたヲタクたちに、隣のX JAPANファンのおじさまをはじめとする他アーティストファンの方は一体何を思ったのだろう。周りを気にする余裕がなかったので、反応が全く思い出せない…。
 
 
 
 
そして最後の曲を前に、改めてすばるくんの挨拶。
 
 
渋「ありがとうございます。もっと盛り上がってもええんやぞ!(多分ファンに向かって言った)あぁごめんなさい、初めましての方、関ジャニ∞です。去年、このドリフェスに僕一人で出させて頂いて、その時に、関ジャニ∞ってグループやってます!って言ってバッてはけたんですけど、こうして一年して、今度は7人で戻って来れて本当に嬉しいです。ありがとうございます。また来年も出たいです(笑)お願いします(笑)僕らこうバンドの音楽以外にも色々、ほんと色々やってるんで、個々でも、バラ売りもしてるんで(笑)今日ちょっとでも関ジャニ∞に興味持ってくれた方は、気にして見ていただけたらなぁと思います。毎年リリースもライブもしてるんで、覗いてみてください。…まだまだ!まだこれからいっぱい素敵なアーティストの方が控えてるんで!最後まで楽しんでって下さい!今日は本当にありがとうございました!!」
 
 
 
 
8.オモイダマ
 
そういえばバンド形式で披露したことなかったっけと、曲の途中で気付くくらいナチュラルに演奏していた。初見はそうでもなかったのに、聴けば聴くほど、歌えば歌う程、どんどん好きになっていく曲だ。
イントロ、村上さんのピアノソロでメインモニターに抜かれたその手が震えていて、恐らく一般の人からすれば「村上がピアノしてる」と物珍しかったのか、会場がざわついていた。
バンド形式のオモイダマもまた魅力的だったが、この曲はそれぞれが想いを込めて全身全霊で歌う棒立ちスタイルの方が合っているなぁと思った。
先にも書いたが、最後はやはりしっとり終わらずLIFEで盛り上げて終わって欲しかった。が、この曲の後半ラララ〜の部分。主にファンが手を左右に振っていたが、周りの方もそれに合わせて、分からないながらにも手を振ってくれていて、手をあげなくても、自然と身体を左右に揺らしてくれていたので、これはこれで良いラストだったのだと思う。
 
 
 
演奏が終わり、それぞれ楽器を置くと、メンバーは全員、大きなステージの真ん中にぎゅっと一列に集まり、マイクを通さず「ありがとうございました!!」と叫びながら両手を上げ、深々とお辞儀をした。
コンサートと違い、ハケ際に特にファンサービスがある訳でもなく、あっさりと退場して行ったのがなんともらしかった。
 
 
 
 
 
 
関ジャニ∞にとって初めての音楽フェス。
 
関ジャニ∞バンドについては、昔からコンサートで披露するものの、中々それが表立って取り上げられることはなく、彼らのバンドが世間に評価されない、いや評価される場すら与えられない現状に、ファンもメンバーもフラストレーションが溜まっていたのは明白だった。
それがLIFEのリリースをキッカケに、徐々に披露の場が増え、メンバー全員が演奏に参加するようになり、セッションを主体とした番組まで持てるようになり、そうして今回、音楽フェスに参加することになった。
 
あの頃のメンバーや自分を含むファンに言っても、きっと信じてもらえないようなことだと思う。
 
だからこそ、その関ジャニ∞の大事な初めてにどうしても立ち会いたくて、このドリフェスに参加した。
それを目の当たりにした時に、一体自分は何を思うのか。少し楽しみだった。
 
 
しかし、私が抱いた感想は「楽しかった」それだけだった。
 
 
圧倒的ホームとは言えない会場、実力を備えたそうそうたる出演者、誤魔化しの利かない演奏。
そんな、普段のコンサートからは考えられない異様な空間の中でパフォーマンスする彼らを見て、ただただ「楽しい」と思った。感傷に浸るでもなく、特別な何かを感じるでもなく。
 
 
それは彼らが、私のよく知っている「ジャニーズのアイドル"関ジャニ∞"」そのままだったからだ。
 
 
勿論、緊張はみえた。気合いも随分と高いものだった。
けれど、彼らはこの初めて経験する空間で、普段の、ジャニヲタに囲まれた広いドームで演奏するのと何ら変わらないパフォーマンスを見せてくれた。
 
この音楽フェスの中で「ジャニーズ」として「アイドル」として、求められる役割をキッチリとこなしたのだ。
 
 
何年か前の関ジャニ∞では、こうはならなかったかもしれない。
「全員敵だ」「目に物見せてやる」「アイドル概念なんてぶっ壊せ」
そうして自分達を如何に認めさせるか、と突っ走ってしまっていたかもしれない。与えられた役割など全て無視して。
 
けれど関ジャニ∞は、出演者の一員としてオープニングを盛り上げ、自分達のファンを楽しませつつ、他アーティストファンにも関ジャニ∞を紹介するように、セットリストを組みパフォーマンスをした。
 
私はそれがとても誇らしかった。
 
 
ジャニーズ "なのに" バンドも出来る。
普段はよくふざけてるアイドル "だけど" 真面目に音楽もやってる。
それは紛れもなく彼らがジャニーズ "だから" アイドル "だから" 貰えた評価だ。
 
 
ファンの中にはその付いて回る「だから」を嫌悪する人もいるかもしれない。いや、もしかしたらメンバーの中にもいるかもしれない。
けれど、私は彼らにロックバンドになって欲しいわけではない。関ジャニ∞というジャニーズのアイドルとして、バンドもパフォーマンスの一つとして魅せて欲しいのだ。サウンドとして好きになるなら他に魅力的なバンドは沢山いる。
 
 
今回のドリフェス参加は、当初思っていた「大きな何かが変わる」ような出来事にはならなかった。
けれど確かに、彼らはまた一歩、確実に前へと進んだ。
その歩みを進めたのは、私の目に映ったのは、紛れもなく「ジャニーズのアイドル "関ジャニ∞" 」だった。
 
 
きっと、これを読んでくださっている方の期待したような感想ではないと思う。
 
けれど、私にはそのことが何よりも嬉しかった。ただ嬉しくて、楽しかったのだ。
 
彼らはこの先も、まだまだ私を、ファンを楽しませてくれる。そしてもっと沢山の人を巻き込んで楽しいことをしてくれる。そう、思わせてくれた。
 
まずはもうすぐ始まるツアー。このフェスで得たモノを、彼らがどう調理し昇華させてくれるのか、それが楽しみでならない。
 

f:id:hdkz417:20151202190521j:plain

 
 
あと、引用しきれなかったレポはTwitterの方に残ってるんで、気になる方は覗いてみてやってください。